IATF16949自動車セクター規格

IATF16949の基礎から構築・運営まで、演習をまじえたセミナーです。

【IATF16-03】IATF16949規格詳細解説セミナー(2日間)

自動車産業の品質マネジメントシステム規格ISO/TS16949が改訂され、IATF16949規格として生まれ変わりました。IATF16949は、ISO9001:2015をベースとし、自動車業界固有の要求事項が追加された規格です。IATF16949規格は、従来のISO/TS16949規格に比べて、多くの自動車産業固有の要求事項が追加されました。IATF16949ではまた、自動車産業のプロセスアプローチ方式で内部監査を行うことを求めています。現在ISO/TS16949内部監査員の方がIATF16949内部監査員になるための教育に有効です。

プログラム内容

  • IATF16949規格要求事項の解説(序文、4.組織の状況から10.改善まで)
  • ISO9001:2015改訂の内容を含む
  • 自動車産業プロセスアプローチの解説
  • 演習を含む

講師紹介

岩波 好夫氏

(株)東芝入社後、米国フォード開発プロジェクトメンバー、半導体LSI開発部長、米国デザインセンター長、品質保証部長などを歴任。
JRCAISO9000主任審査員、IRCAISO9000リードオーディター

主な著書

「図解IATF16949 の完全理解」
「図解IATF16949コアツール APQP・PPAP・FMEA・SPC・MSA」
「図解IATF16949 自動車産学の要求事項からプロセスアプローチまで」(日科技連出版社)

受講対象企業

  • IATF16949規格の内容を詳しく理解したいと考えておられる方々
  • IATF16949認証企業
  • 新規にIATF16949認証取得を検討中の企業
  • ISO9001品質マネジメントシステムのパフォーマンスを改善したいと考えておられる企業、など

受講対象者

  • 上記各企業の品質管理責任者、内部監査員、ISO(IATF)事務局、IATF16949移行プロジェクトメンバー、など
  • 現在ISO/TS16949内部監査員の方がIATF16949内部監査員になるための教育に有効です。

定員

20名

受講料(お一人様、消費税別、テキスト代込)

50,000円

【IATF16-03】IATF16949規格詳細解説セミナー(2日間)開催日程(2019年)

日 程 時 間 会 場
2月21日・22日(木・金) 10:00~17:00
9:30~16:30
東京
3月4日・5日(月・火) 10:00~18:00
9:30~15:00
長野県飯田市
6月6日・7日(木・金) 10:00~17:00
9:30~16:30
仙台
8月29日・30日(木・金) 東京
10月31日・11月1日(木・金) 大阪
12月12日・13日(木・金) 東京

【IATF16-09】IATF16949 内部監査員セミナー(2日間)

自動車産業の品質マネジメントシステム規格ISO/TS16949が改訂され、ISO9001:2015をベースとした、IATF16949規格として生まれ変わりました。
本セミナーでは、IATF16949規格要求事項の解説と、自動車産業プロセスアプローチ内部監査について、ロールプレイ演習を含めて習得することができます。

※コアツール概要は含まれません。コアツールに関しましては、別日程で実施の「コアツール概要解説セミナー」をご受講下さい。

プログラム内容

  • IATF16949規格要求事項の解説(ISO9001:2015改訂内容を含む)
  • 自動車産業プロセスアプローチ内部監査(ロールプレイ演習を含む)

講師紹介

岩波 好夫氏

(株)東芝入社後、米国フォード開発プロジェクトメンバー、半導体LSI開発部長、米国デザインセンター長、品質保証部長などを歴任。
JRCAISO9000主任審査員、IRCAISO9000リードオーディター

主な著書

「図解IATF16949 の完全理解」
「図解IATF16949コアツール APQP・PPAP・FMEA・SPC・MSA」
「図解IATF16949 自動車産学の要求事項からプロセスアプローチまで」(日科技連出版社)

受講対象企業

  • IATF16949認証企業
  • 新規にIATF16949認証取得を検討中の企業
  • 自動車産業プロセスアプローチ内部監査について習得したい方

受講対象者

  • 上記各企業の内部監査員および内部監査員候補者

定員(定員になり次第締め切らせていただきます)

25名

受講料(お一人様、消費税別、テキスト代込)

50,000円

受講証明

コース受講者には「受講証」を発行させていただきます。

【IATF16-09】IATF16949内部監査員セミナー(2日間)開催日程(2019年)

日 程 時 間 会 場
3月14日・15日(木・金) 10:00~17:00
9:30~16:30
東京
5月30日・31日(木・金) 大阪
9月12日・13日(木・金) 東京
11月28日・29日(木・金) 大阪

【IATF16-01】IATF16949規格解説セミナー

自動車産業の品質マネジメントシステム規格ISO/TS16949が改訂され、IATF16949規格として生まれ変わりました。
IATF16949は、ISO9001:2015をベースとし、自動車業界固有の要求事項が追加された規格です。
ISO9001規格は、2015年版で、プロセスアプローチ、リスク対応、予防管理重視の規格となりましたが、自動車産業の品質マネジメントシステム規格は、ISO/TS16949のときから、これらは基本的な要求事項として含まれており、IATF16949規格の内容は、自動車産業だけでなく、ISO9001の認証組織に対しても有効な規格であると考えられます。
現在ISO/TS16949内部監査員の方がIATF16949内部監査員になるための教育に有効です。

プログラム内容

  • IATF16949規格要求事項の解説(序文、4.組織の状況から10.改善まで)ISO9001:2015改訂の内容を含む。

講師紹介

岩波 好夫氏

(株)東芝入社後、米国フォード開発プロジェクトメンバー、半導体LSI開発部長、米国デザインセンター長、品質保証部長などを歴任。
JRCAISO9000主任審査員、IRCAISO9000リードオーディター

主な著書

「図解IATF16949 の完全理解」
「図解IATF16949コアツール APQP・PPAP・FMEA・SPC・MSA」
「図解IATF16949 自動車産学の要求事項からプロセスアプローチまで」(日科技連出版社)

受講対象企業

  • ISO/TS16949認証からIATF16949認証への移行を行う企業
  • 新規にIATF16949認証取得を検討中の企業
  • ISO9001品質マネジメントシステムのパフォーマンスを改善したいと考えておられる企業、など

受講対象者

  • 上記各企業の品質管理責任者、内部監査員、ISO(IATF)事務局、IATF16949移行プロジェクトメンバー、など
  • 現在ISO/TS16949内部監査員の方がIATF16949内部監査員になるための教育に有効です。

定員

25名

受講料(お一人様、消費税別、テキスト代込)

25,000円

【IATF16-01】IATF16949規格解説セミナー開催日程(2019年)

日 程 時 間 会 場
1月18日(金) 10:00~16:30 東京 JR新橋駅
2月1日(金) 東京 JR新橋駅

【IATF16-07】IATF16949 内部監査員セミナー(1日間)

自動車業界の品質マネジメントシステムIATF16949で求められている、内部監査に必要な知識と技能を習得するためのセミナーです。IATF6949で要求されている、プロセスアプローチ、ならびに品質マネジメントシステム監査、製造工程監査および製品監査の3つの内部監査について、演習を含めて習得することができます。
このコースは、IATF16949規格要求事項およびAPQP、PPAP、FMEA、SPC、MSAの各コアツールの知識を有する人を対象とした、1日コースのセミナーです。
IATF16949の内部監査員に限らず、ISO/TS16949システム構築・運用の事務局のほか、ISO9001の事務局や内部監査員で、プロセスアプローチ式内部監査について習得したい人にとっても有効なセミナーです。

プログラム内容

IATF16949のプロセスアプローチ
IATF16949の内部監査
タートル図の作成
内部監査チェックリストの作成
内部監査における不適合の検出
質疑応答

講師紹介

岩波 好夫氏

(株)東芝入社後、米国フォード開発プロジェクトメンバー、半導体LSI開発部長、米国デザインセンター長、品質保証部長などを歴任。
JRCAISO9000主任審査員、IRCAISO9000リードオーディター

主な著書

「図解IATF16949 の完全理解」
「図解IATF16949コアツール APQP・PPAP・FMEA・SPC・MSA」
「図解IATF16949 自動車産学の要求事項からプロセスアプローチまで」(日科技連出版社)

受講対象者

  • IATF16949 運用中の企業、および新規認証取得予定の企業
  • IATF16949 事務局、品質管理責任者、内部監査員
  • ISO9001認証組織 内部監査員、品質管理責任者

※1日コースの演習は、IATF16949規格の内容を理解している方を対象としています。

定員(定員になり次第締め切らせていただきます)

12名

受講料(お一人様、消費税別、テキスト代込)

25,000円

受講証明

コース受講者には「受講証」を発行させていただきます。

【IATF16-07】IATF16949 内部監査員セミナー(1日間)開催日程(2019年)

日 程 時 間 会 場
未定 未定 未定

【VDA17-10】VDA6.3解説セミナー

本規格はドイツ自動車業界の品質規格(VDA 6)の主要部分であり、近年欧州の自動車業界を中心としてプロセス監査の実施にあたって重要な位置を占めるようになってきていて、ドイツの自動車メーカーはVDA6.3をTSコアツールとするような動向が見られてきています。 セミナーではVDA 6.3プロセス監査員資格およびIATF16949審査員資格を所有する弊社審査員によりVDA 6.3規格についての解説とともに、IATF16949規格での要求事項との関連性についても解説を加えています。

プログラム内容

  • IATF16949の成立ちと基本構造
  • VDA 6.3 とは
  • リスク分析(タートル)
  • プロセス監査、監査の制約、監査員の要件
  • 監査の基本原則
  • 監査結果の表価
  • グループ作業

講師紹介

  • DQS Japan所属の審査員

受講対象者

  • VDA6.3に関心をお持ちの方で、概要を理解したいと思っておられる方

定員(定員になり次第締め切らせていただきます)

12名

受講料(お一人様、消費税別、テキスト代込)

25,000円

受講証明

コース受講者には「受講証」を発行させていただきます。

【VDA17-10】VDA6.3解説セミナー開催日程(2019年)

日 程 時 間 会 場
5月24日(金) 10:00~17:00 東京
7月26日(金) 東京
9月27日(金) 大阪
10月18日(金) 東京
12月6日(金) 東京

RENEWAL【IATFC19-06】工程設計トレーニング

製造工程設計はFMEAの知識はもちろんですが、その他のコアツールの知識も密接に関係します。IATF16949の要求事項であるコアツールと工程設計の関係について、総合的に学びます。

プログラム内容

  • 工程設計と各コアツールの関係
  • 工程設計とリーンマニュファクチャリング(トヨタ生産システム)の関係
  • プロセスフロー図
  • 工程は変化する
  • PFMEAと工程設計
  • コントロールプランと工程設計
  • 特殊特性とは何か
  • MSAと工程設計
  • SPCと工程設計
  • PPAPと工程設計

講師紹介

武内 幸雄

DQS Japan所属のIATF16949主任審査員

経歴:いすゞ自動車にて品質管理部、生産技術部、生産管理部、海外部門などを経験(約30年)。いずみ工業(現マーレエンジンコンポーネンツジャパン株式会社)に於いて生産本部長兼桶川工場の工場長として、TPM優秀継続賞受賞、QS9000認証取得、ジャストインタイムの導入などを経験後、ISO9001主任審査員、TS16949主任審査員(現在IATF16949主任審査員)として審査活動に従事。ASQ(アメリカ品質管理学会)及びPlexus共催のセミナー(2004年)に参加し、TS16949のTrainer/Coachの資格取得。

受講対象者

  • 工程設計の技術者
  • 製造部門の技術者
  • 検査部門の技術者
  • 新任内部監査員
  • 内部監査員経験者の再教育
  • 品質保証部門担当者
  • 管理責任者
  • 事務局

定員(定員になり次第締め切らせていただきます)

12名

受講料(お一人様、消費税別)

25,000円

受講証明

コース受講者には「受講証」を発行させていただきます。

【IATFC19-06】工程設計トレーニング開催日程(2019年)

日 程 時 間 会 場
2月15日(金) 10:00~16:00 東京
4月19日(金) 東京
6月14日(金) 東京
9月6日(金) 東京
11月15日(金) 東京
PAGE TOP