ISO審査機関 DQS Japan Inc.

審査の特色

新規登録をお考えの方

審査登録機関の変更をお考えの方

統合審査をお考えの方

規格のご紹介

Webセミナー

セミナーのご案内

国家認定機関 認証規則・登録マーク

IATF16949情報集

IATF16949全社登録をお考えの方

ISO9001/ISO14001/2015年版への移行について

よくある質問(FAQ)

セミナー申し込み

お見積り

お問い合わせ

ドイツ品質システム認証株式会社

DQS Japan Inc.

東京都港区西新橋2-9-1
PMO西新橋 7階

TEL:03-5521-1181

 

ISO22301 事業継続マネジメント

この規格は、包括的なマネジメントアプローチにより事業活動の中断を引き起こす障害・災害に対し、事業の復旧と継続をいかにマネジメントしていくかを規定した規格です。
地震・台風・火災といった自然災害だけではなく、昨今の新型インフルエンザやITシステムダウンなどに対し、如何に損害をミニマイズし、更には生き残りのため如何なるマネジメントが必要か、それをどう計画・実践・維持するかを定めたものです。

具体的には、まず、企業にとってキーとなる事業プロセスが何かを識別し、企業の存続にとり最もクリティカルな部分を評価吟味した上で、障害・災害が引き起こす有害な影響を防ぎ、メジャーな最悪の事態から企業を守るかことをシステマチックに検討・計画・実行します。
また、現在の企業活動を取り巻く環境を考えた場合、自社の問題だけでなく、重要サプライヤーの障害に対し、如何に自社を守っていくかも重要なファクターとなっており、当然これについても予め十分な吟味と対策を実行することになります。

ISO22301認証企業は、非常事態の発生時に備えた事前計画と訓練方法や非常事態が現実となった場合の対応方法を有効に実施すことだけでなく、顧客や取引先あるは社会一般からの高い評判を得ることが可能となります。



導入企業のメリット

企業にとってクリティカルプロセスを明確にするツールを利用したサプライマネジメント障害・災害に対する的確な対応方法の確立。
障害・災害時のブレークダウンの最小化による損失のミニマイズ、競争優位の確立。 コーポレートカルチャーへの事業継続のための一連の流れの埋め込みの実現。


上へ戻る


サイトポリシー │ 個人情報について